無骨で優しいモテるやつ@目黒区青葉台3丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

人からモテる条件。

それは、無骨な男らしさと安心できる優しさだと思っている。

例えば住空間にアクセントを効かせるこのコンクリート。

例えば突然の訪問にも安心できるTVモニタ付きのオートロック。

こういった所が、このお部屋のモテる所以なのだろう。

勿論、家庭的な優しさもある。

大きなキッチンにグリル、さらにガスは3口。

ゆっくり料理したい時にも、忙しさ故一先ずそのまま置いとくにも便利だ。

優しく抱きしめてくれそうな収納は、懐の深さがある。

季節が変わっても、服の好みが変わっても、その全てを受け入れてくれる。

大人の余裕とは、こういうことなのかもしれない。

いつか人は歳をとる。それは家も同じだ。

その時に大切になってくるのは、間違いなく「清潔感」だと思う。

快くその日の疲れを脱ぎ捨てることが出来るか。この家にはそれがある。

平日の気持ちいいモーニングコール。あるいは休日の穏やかな日差し。

この窓があれば、きっとそのどちらをも与えてくれるだろう。

無骨で優しいこの家に見惚れてしまったら、まずは一度会いに来てほしい。

出来れば、会えるうちに、早めに。

☆この物件の募集ページはこちら!

https://www.jrent.jp/detail.php?id=1638

☆反転タイプのお部屋にはなりますがムービーもございます!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

人生という映画に刻みたい家@世田谷区松原4丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ええ、この前やっと僕の監督した作品が映画館で上映されまして。

それで食べれるようにもなって、そろそろいいお部屋に住もうかなぁ…と。

お家はリラックスするのも勿論、インスピレーションが湧くかも大事で。

そういうお部屋があるといいなぁと思うんです。

今日のお部屋はここですか!おお、吹き抜けてるんですね!

天井高くて気持ちいい…ショーシャンクの空に、のポーズをしたくなります。

ああ、すみません、僕テンション上がると何でも映画で考えてしまって…

職業病ですかね、でもつまり、すでにいい感じです。笑

次はキッチンですね、落ち着く色味、そして便利なシステムタイプ。

ここに立って、夕飯を作る美しい女性のワンシーンが浮かびます…

あ、あはは、一人入居です。妄想の話ですよ。

でもこういうお部屋に二人で住めたらさぞ楽しいんでしょうね。

僕はうーん、もう少し一人で頑張ろうと思うんですけど…

わぁなんですかこれ!贅沢な収納!

秘宝を求めて冒険する映画のラストに出てきそうな宝箱ですね…

なんかこう…ワクワクを共有できる相手が欲しくなってきたなぁ…笑

これがロフトですか!思ってる何倍も広いですね!

窓もあって明るいし穏やかな空気が流れて…無声映画の海を連想しますね。

こんな素敵な家で暮らしたら、またいい仕事が出来るんだろうな…よし。

僕の人生のワンカット、いや長いフィルムに、この家での日々を刻みます。

☆今回ご紹介した物件の募集ページはこちら!

https://www.jrent.jp/detail.php?id=1609

☆今回ご紹介したお部屋のムービーはこちら!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

美学を学ばせてくれる家@大田区東嶺町

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

美人はどの角度から見ても美しい。どこを切り取っても美しい。

そんな美学を持つ私にとって、ある強力なライバルがいた。

それは、私が住むことに決めた“家”だ。

これがどこからの景色かあなたは分かるだろうか。

お部屋の上にある、ロフトだ。

美人は上から見下ろしても美しい。まずはこれが証明された。

そしてその次は、振り返っても美人、を証明する番だろう。

こんなにも余裕と遊び心のある家に出会ったことがあるだろうか。

私はなかった。そして心を打ちぬかれた。その意外性と差し込む太陽に。

広さにして約7.8帖。給料日直後の私の心より大きく、明るい空間だ。

地に足をつければそこには心地よさと安心がある。

その理由は壁や床の色だろうか。窓の多さだろうか。設備の良さだろうか。

きっとそのどれもが正解で、答えなんだろう。

この家は何でも持っていて、少しだけ、ズルいよ、と思う。

私だって女の子だ。面倒だけれど料理はうまくなりたい。

そんな人に心強いパートナーがこのキッチンだ。

手入れのしやすいシステムタイプ。安心のガス2口、贅沢な魚焼きグリル。

この人は、今まで何人不器用な少女を器用な女性に変えて来たのだろうか。

メイクとは、肌に噓を塗るものではなく、肌に自信を付けるものだ。

ともすれば、ここは私が唯一着飾る前の素直でいられる空間だ。

時にはここで笑みをこぼすかもしれない。ここで涙をこぼすかもしれない。

そんな場所だから、やっぱり綺麗で、明るくて、風通しがいい方がいい。

やっぱり私のライバルは強敵だ。今話した全てが「中身」なのだから。

そして外から見た姿は、言うまでもなく、この可憐さがある。

私もいつかなれるだろうか?こんな外見も中身も美しい女性に。

その日を早く迎えられる様に、今日も私はこの家から美学を学ぶつもりだ。

☆今回ご紹介したお部屋はこちら

https://www.jrent.jp/detail.php?id=1608

☆室内が見られるムービーはこちら!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

妄想が捗り“すぎちゃう”お家@世田谷区桜新町1丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「付き合って何年かなぁ、高校からなんで…二人とも大人になりまして」

「私は昔から大人っぽかったけど、亮介がね~…子供っぽかったよね」

「そんなことないよ、最近は大人だよ」

「どうかなあ…てのはさておき、案内人さん、本日はお願いします」

「お、シューズボックス大きい。これなら沢山しまえそう」

「わー見て、なんか鍵がカッコイイよ!え、暗証番号なんですか?」

「それいいですね、番号何にしようか…あ、麻紀の誕生日にしよっか!」

「ね、案内人さん、子供っぽいでしょ?」

「うわ、部屋綺麗!だし壁とか床とか色がカッコイイ!」

「え~この壁可愛い~いい色」

「こんなとこで暮らせたら、幸せなんだろうな…」

「あ、やば、亮介の“アレ”始まっちゃう」

「こんな風にテーブル置いて、こんな風にイス置いて…」

「あはは…案内人さんにも見えます?この子の“妄想”が…」

「うん、いいな…いいお部屋だ…」

「何か考える時、すぐこうやって妄想するんですよ…」

「ん、麻紀なんか話してた?って、こっち来なよ、ロフトもすごいよ!」

「振り回されるなぁ…しかもやたら妄想が鮮明だし…」

「ここなら、こうかなぁ…」

「あぁ、また始まりました。笑」

「電気も窓もあるから、お部屋みたいな感覚で使えるんだなあ」

「独り言なのかこっちに話しかけてるのか…でも的は得てますよね。笑」

「うん、ここ使えるならかなりお得だ…」

「どうやらここに決めそうですね。あ、もちろん私も気に入ってますよ」

「いやぁいいお部屋だった、ね、麻紀!」

「途中から亮介ひとりで“視てた”けどね。でも、いいお部屋だね」

「あ、そうだ水回り見るの忘れてた!」

「確かに、まだ水回り…ん?水回り?…なんか嫌な予感がするな…」

「ここだったら…」

「わああ案内人さん見ないでください!これ以上は妄想と言えど!」

「一緒にお風呂入るから…」

「案内人さん、ここに住むんで決めたんで!亮介ほら妄想終了!帰るよ!」

「わあ、最後まで新生活想像したかったのにー案内人さんさよならー」

賃料11.3万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

休日の朝が穏やかになるお家@杉並区堀ノ内1丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「んぅ~…もう朝か…あれ、絵里仕事中?」

「あ、おはよ雄太。今日はリモートじゃないよ、休み。今ネトフリ見てる」

「朝からそんなもの見て~」

「雄太だって朝からゲームしようとしてるじゃん」

「これは目覚ますためだから。やっべもう一機失った」

「…この家にしてから、休みの朝は穏やかで幸せだなぁ…」

「ん?なんて?」

「なーんでもない、先シャワー浴びちゃうね」

「えー俺も入りたい」

「雄太はゲームして待ってて。それか下で大きなテレビでやってもいいし」

「えー、まぁいいけどさ、って、わ、この部屋太陽あかる」

「あ、昨日飲んだお酒出したままだった。雄太ごめん、しまっといて」

「はいよ、てか飲んで待ってよっかな」

「こらこら、朝から飲むと一日無駄にするよ」

「いいじゃん~俺ここでお酒飲むのいいなって思って引っ越したんだもん」

「まぁ適度にしなよ。じゃシャワー浴びてくる」

「はいよー…この家にしてから、休みの朝は穏やかで幸せだなぁ…」

「ふ~気持ちよかった、追い焚きあると便利だな~」

「絵里あがった?見てほしいんだけどさ、シャンプーそろそろじゃない?」

「確かに少ないかも。あ、しかも床下収納見たらストックもないや」

「じゃあこの後買いにいこっかー」

「お風呂お先~、というか雄太も入りたがってなかった?」

「朝ごはんついでにシャンプーとかも買っちゃって、それからにするわ」

「そっかそっか。それにしても、この家にしてから朝は穏やかで…」

「幸せだなぁ、って?」

「あ!やっぱ聞こえてたんじゃん!」

賃料9.7万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆今回ご紹介したお部屋のムービーはこちら!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

罪な男(部屋)には敵わない@中野区南台4丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「おじゃましまぁ~す…って、なんかすっごいオシャレじゃん」

「えへへ、やっと憧れの一人暮らしだからさ?夢詰め込みたいじゃん!」

「はしゃぐなぁ…にしても…」

「ちょっとカッコよすぎない?」

「でしょ!もうまずお部屋に一目惚れ!それから家具を置いて一目惚れ!」

「なんか罪な男、いや部屋だね。てか紗季はほんとに惚れっぽいなぁ」

「奈菜もそうしてみたら?毎日楽しくなるよ?」

「私は古風だから。しっかり見定めて、この人だ!って人に出会いたいの」

「相変わらずだなぁ。ほら見て、キッチンもカッコイイでしょ!」

「カッコイイだけじゃダメ、内面も無きゃ。でもシステムタイプはいいね」

「手入れがしやすいよね。ほら、カッコイイだけじゃなく優しいでしょ?」

「それにどう、この水回り!洗面台とかちょっとカッコよすぎない!?」

「いいけど、なんか“都会”って感じで冷たそう」

「またそうやって強がってー。追い焚きとか浴室乾燥もあるんだよ」

「ふ~ん…優しいとこもあるじゃん」

「でもやっぱ一番の魅力はここかなぁ。私ここで一目惚れして決めたから」

「そんなにいいの?」

「うん、そんなにだよ」

「…じゃあ見てみようかな」

「じゃじゃーん!どうここ!カッコいいし使い方も色々あるし最高でしょ」

「広さも自由度も見た目の愛らしさとは裏腹にしっかりしてる…決めた」

「ん?何を?」

「私このお家と生きたい。他のお部屋あるかな?それかこの部屋を…」

「あぁ…罪な男だこの部屋は…」

賃料9.7万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆今回紹介したお部屋のムービーはこちら!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

女の子はサプライズが好き@大田区東嶺町

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「今日は何の日だかわかる?」

「え、その質問急にされると怖…記憶の限りなんでもない日なんだけど」

「そう、なんでもない日。でも、そういう時こそサプライズが大事だよ」

「ん~まぁ、確かに?」

「女の子はサプライズが好きだから。今日はそんなお部屋だといいね」

「とりあえず僕はこの大きな窓にびっくりしてる。角部屋だからか」

「裕也はおねぼうさんだから、太陽が起こしてくれるね」

「麻友に起こされるのが好きなんだけどなぁ」

「甘えん坊さんまでついちゃって。そんな子に朗報です、グリルあります」

「え、マジ?ずっと欲しがってたもんね」

「裕也がね。ここに住んだら毎朝お魚食べられるね」

「僕はもう結構サプライズくらってるけど、麻友にも驚いてほしいな」

「私は水回りに注文が多いからね…ってことで、次は…」

「水回りだけど…えっ、壁紙可愛い!独立洗面台きれい!」

「うっわトイレに棚ある、漫画起き放題じゃん」

「ちょっとまって、こっち見て!」

「浴室乾燥に…」

「おお?」

「床下収納まである!」

「おお!」

「シャンプーとか洗剤のストックもできるし…めっちゃ良いかも」

「僕もこの水回りのレベルの高さは助かるなぁ」

「いいお部屋だね、裕也」

「そうだね。でも、このサプライズにはまだ“上”があるから」

「そうだった、楽しみ!見ていい!?」

「どうぞどうぞ。僕も楽しみ」

「「おおー!!」」

「わ、すごい、こういうお部屋これまで見たことなかった!」

「ここも広い…って、7.8帖もあるのか、そりゃ広いわ」

「え、やっぱここすっごく良くない?」

「そんな麻友にクイズです。今日は何の日でしょう」

「え?いや、だから今日は何の日でもないって…」

「残念。正解は、僕たちが新居を決めた日です」

「…はー、やっぱり女の子はサプライズが好きなんだなぁ。笑」

賃料9.8万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆本日紹介したお部屋のムービーをご紹介!参考にしてね!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

チョコレートは人を幸せにする@世田谷区桜新町1丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「チョコレートは人を幸せにするんだよ」

「なんで?」

「甘くて元気出るしバレンタインには喜ばれるし、何より見た目が可愛い」

「そうなのかなぁ」

「そうなの!だから今日この家見るの楽しみだったんだ、どう!?」

「どうって、なにが?」

「チョコ感!ない!?なんか甘そうで幸せそうじゃない!?」

「うーん、どうかなぁ…笑」

「えーわかるでしよー、幸せの形でしょー」

「僕にとってはこの大きな収納の形が幸せの形だけどね」

「雅人はほんとしっかり者だなぁ」

「優茉は甘えん坊だよね」

「そんな私も料理は得意だからね」

「ね、意外」

「こらこら。できる彼女になるべく頑張って料理覚えたんだよ」

「つまみ食いも一緒に覚えたみたいだけどね?」

「すぐそういうこと言うー、って、ここも見て!壁可愛い」

「ほんとだ、なんかクッキーみたい」

「お、雅人も分かってきたじゃん!」

「んー、まぁチョコのことは分からないけど、優茉のことなら分かるかな」

「…なんでそんな甘いこと急に言うかな…ぶつくさぶつくさ…」

「なんかチョコみたいにとろけてきてますね」

「あームカつく!もういい!上行くもん!」

「子供だなぁ、ごめんごめん、まって?って、うわいい空間」

「雅人は来ちゃダメ―!ここは子供だけの秘密基地だから!」

「えー、大人だって秘密基地は楽しいよ、入らせて」

「じゃあ認める?」

「なにを?」

「チョコレートは人を幸せにする、ってさ!いい眺めでしょ!?」

「たしかに。でも…」

「でも?」

「僕は優茉とこの家に住めたらそれで幸せだけどね」

「…やっぱチョコレート(甘い言葉)は人を幸せにするじゃん…」

賃料11.3万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆ムービーは別部屋のもの 設備は基本的に一緒なので参考にどうぞ!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

三匹の子ぶたもびっくりな豪華レンガハウス@世田谷区等々力8丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「森の奥に見える…うん、条件クリア」

「この緑植栽だし、森じゃなくて街だから。近くにスーパーあったでしょ」

「へぇ~、モダンなタイプの森かぁ」

「いつまでこの遊び続けるの、三助」

「ごめんごめん、でもせっかくの新居探しだしなんかこう、楽しみたくて」

「まぁ三助条件厳しかったもんね、恋人へ求めるものと同じで」

「いやそりゃだって…理想を追ったらそうなるじゃん」

「はいはい、ほらまた希望条件のオートロックですよ、満足ですか?」

「TVモニターもあってセキュリティバッチリだな…完璧」

「男の子でも気にするんだ、そういうの」

「しっかり者の三男だから。それに藁とか木じゃなくてレンガの家だし」

「…ん?なんか煙突から忍び込まれそうな話だね、ここ大丈夫かな?」

「煙突のかわりにモダンな換気扇があるよ、なぜなら…」

「わーーーカウンターキッチンだーーー!!欲しかったんだー!!」

「風香も求める条件あるんじゃん」

「まぁ理想を叶えるためですから?」

「それで言うと僕、明るいお部屋が良かったんだよね」

「そんなあなたに朗報です。こっちにきてみ」

「うおお!!窓大きい!てかすっげー高くまである!」

「角部屋だから横にも窓あるよ」

「あとお風呂もすごいぞ風香!原作だと鍋でグツグツ…だもんなぁ」

「あれ来訪者へのもてなし風呂じゃなくて不法侵入者への制裁凶器だから」

「追い焚きもある…レンガの家凄いなぁ」

「レンガの家じゃなくてこの家がすごいんだと思うよ…」

「二人の条件にピッタリなお家だったね」

「ほとんど三助の希望な気がするけど」

「嘘つけ、風香だってキッチンで狂喜乱舞してたじゃん」

「喜はしてたけど狂と乱舞はしてない。まぁでも…」

「「ここはすごいよねぇ」」

「これには真面目な三男のレンガハウスもびっくりでしょう」

「これにはおしとやかな私も狂と乱舞しちゃいそう 」

「じゃあ…」

「「ここにしよっか」」

賃料13.5万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆本日紹介したお部屋のムービーはこちら!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

背の低い私が初めて君を見下ろす@杉並区堀ノ内1丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「ほら、天井高い。麻友届く?」

「そんなこと言ったら浩文だって届いてないじゃん!」

「天井まで僕だったら2人分くらいかな、麻友だったら3人?4人?」

「ムカつく~、4も必要ないし!3.5で十分だし!」

「なんか明るい」

「ほんとだ、どうしてだろ…あ、そうなんですね!浩文、角部屋なんだって」

「あ、案内人さんありがとうございます。やっぱ人気ですか?ここ」

「…なるほど、って、私たちのあとにもうそんな内見予定あるんですか!?」

「それは早く決めないとな…ところで麻友、このモニター見える?届く?」

「見えるから!仮に見えなかったらそれはもう設計側に悪意あるから!」

「この子よく幼子に間違えられるんで、こういうのあると安心です」

「そこまでじゃないって!せいぜい、中学せ…いや、高校生くらいだし!」

「はいはい、で、部屋も広くて綺麗でいい感じだね」

「そうだね、背の高い浩文でも珍しく部屋が狭く見えないし…あ!」

「びっくりした、なに?」

「見て!」

「キッチンカッコイイ~!ここで料理したら楽しそう!」

「たしかに、でも麻友は普段料理しな…」

「だーやめて!人の前で!なんでもないですよ案内人さん!」

「見ます?これがこの前麻友に作らせたホットケーキのような何かで…」

「ほらほら、お風呂みて!綺麗!浴室乾燥も追い焚きもついてるんだって」

「案内人さん、後で見せますね。おーすごい、あと床下収納もある」

「ストックにも便利そう!あと浩文、トイレに収納だよ!」

「うお、それはまじか。めっちゃ漫画読めるじゃん、やった」

「ここまででだいぶいいお部屋だけど…ここからだよ、浩文!」

「僕はさっきのでもう満足だけどね」

「案内人さん、ここを見つけてくれて本当にありがとうございます、では…」

「じゃじゃーん!ロフト!これで!背の低い私が初めて浩文を見下ろす!」

「たしかにお部屋の造りとして素敵だけど、それそんなにすごいこと?」

「すごいよ!低身長なら誰しも夢見る光景だよ!ずっとここにいたいもん」

「そっか。じゃあずっとそこにいてね。案内人さん、さっきの続きでね…」

「わーなしなし!私の墨より黒いホットケーキの話はやめて!」

賃料10.2万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆今回ご紹介したお部屋のムービーはこちら!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket